ニキビ 化粧水 予防

ニキビの原因を把握して、予防計画を立てる

ニキビの原因をざっくり分けると5種類あります。

 

  • 肌の乾燥
  • ストレス
  • 睡眠不足・食事の偏り
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 日々の生活習慣

 

何種類でも良いので、この5種類の中でどれが当てはまるのかを自分で確認しておくことが大切です。それぞれのニキビの原因に合わせて、ニキビ化粧水を選びましょう。

 

肌の乾燥

意外かもしれませんが、肌が乾燥しているとニキビの原因になります。特に成人してからのニキビに多く見られ、乾燥していると肌がゴワゴワしてしまうので老けて見られがちです。

 

肌の乾燥には言わずもがな、保湿成分が含まれた化粧水がオススメです。化粧水なら何でも保湿出来そうですが、水分はすぐに乾燥してしまいますので保湿効果のある必ず化粧水や保湿液を選びましょう。

 

ストレス

ストレスが溜まると、肌のターンオーバーが乱れ毛穴が詰まりやすくなってしまいます。ストレスは肌だけでなく体全体に悪影響をおよぼすので定期的にストレスを発散できる習慣をつけることが大切です。

 

化粧水だけでストレスを軽減するのは難しいのですが、リラックス効果のある香り付きの化粧水や古い角質を剥がし乱れたターンオーバーをケアするピーリング化粧品がオススメです。

 

睡眠不足・食事の偏り

睡眠不足や食事が偏ると、皮脂が異常に分泌されたり、肌のターンオーバーが乱れニキビが出来やすくなってしまいます。脂っぽい食事を避けることと6時間以上の睡眠を心がけるようにしましょう。

 

ニキビ化粧水では、睡眠不足や食事の偏りを補うことは難しいのですが、肌をしっかり保湿している状態を保てていると、ニキビが出来にくかったり悪化しにくい肌になりますので、常に肌を乾燥させないようにしましょう。

 

ホルモンバランスの乱れ

生理前などホルモンバランスが乱れることがあります。ホルモンバランスの乱れは避けにくいこともありますので、乱れを予防するよりも乱れても最小限に抑えるケアが大切です。

 

ホルモンバランスの乱れにはバラのニオイが効果的ですが、他にもストレスと同じくピーリング効果のある化粧品で、古い角質を人工的に剥がし、乱れたターンオーバーを補うのがオススメです。

 

日々の生活習慣

夜更かしをし過ぎたり、食事を取らなかったり、正しい生活習慣を送れていないと、ターンオーバーが乱れるだけでなく体全体が不調に陥り、外部の刺激への耐性がなくなりがちです。

 

全体的に調子が悪くなると、上記のニキビの原因もより悪影響を及ぼし、ニキビの出来やすい肌になってしまいますので、まずは生活習慣を出来る限り整えてからニキビケアに励むようにしましょう。